吃音 ストレス

吃音とストレスについて

吃音症は、家族や親しい友人と会話している時にはスムーズに会話できるのに、
学校や職場などの人前で発言しなければならない時に「言いたい言葉は頭に浮かんでいるのに言葉が出てこない」といった症状や「言葉に詰まってしまう」などの特徴があります。

 

 

 

家族や親しい友人の前では『上手く話せるだろうか…?』と意識しないため緊張せずに話すことができ、吃音の症状はそれほど感じません。

 

 

 

 

しかし、話す前から吃音を意識すればするほど、不安で緊張状態に陥ってしまい吃音の症状が起こりやすいのです。

 

 

 

 

吃音症を引き起こす原因としては、はっきりと解明されていませんが、家族などに吃音症の人がいるとその話し方の癖を真似してしまうなどの環境によるものや、脳内のドーパミンの分泌異常によるものや、遺伝的要因が影響しているといった説もあります。

 

 

 

 

そして、吃音症を引き起こす原因として、ストレスや上手く話さなければならないというプレッシャーなどの心理的要因も原因として考えられます。

 

 

 

 

実際に吃音の症状を改善された方々に調査を行ったところ、高確率でストレスによる心理的な要因が原因であったという報告結果もあるようです。

 

 

 

 

吃音の症状を繰り返すことで、『上手く話せるだろうか?』といったストレスもありますし、『また症状が出てしまうのではないか?』とこれまでのトラウマから新たなストレスを招くこともあります。

 

 

 

 

 

さらに、周囲の人から吃音を指摘されることでのストレス、発音しにくい言葉を避けて会話しようとするため会話に疲れてしまったり、吃音を理解してもらえないことによる苦しみなど、もちろん吃音の原因が全てストレスによるではありませんが、ストレスなどの心理的な要因が大きく影響しているようです。

 

 

 

 

当然、ストレスに対して強い人もいれば、弱い人もいますが、ストレスに強くなるには慣れるしかありません。

 

 

 

 

免疫がついてくると、どんどんストレスに慣れてきてちょっとのことではストレスを感じないようになっていきます。

 

 

 

 

 

また、幼少期に受けた家庭内でのストレスも吃音の症状を悪化させると言われています。
例えば、両親から厳しい躾を受けていたり、幼い頃から受験勉強ばかりしていたなど幼少期の家庭環境も大きく影響しているようです。

 

 

吃音の治療と原因※確実な克服方法のTOPページへ戻る