吃音 種類

吃音の種類について

言葉が詰まってなかなか出てこなかったり、挨拶などの簡単な言葉すら出てこないと悩まれている方は、もしかして自分は吃音症なのではないか?と疑い、吃音症の症状にあてはまるのか調べたりされると思いますが、吃音症には一般的に3つの種類に分けることができます。

 

 

 

自分自身がどのような吃音のタイプかご存知ですか。

 

 

 

そこで吃音の種類についてまとめてみましたので、是非参考にされて下さい。

 

 

 

【連発型】
「おはよう」と言いたいのに、「お、お、お、おはよう」などのように同じ言葉を繰り返し吃るといった特徴があります。

 

 

【伸発型】
「おはよう」と言いたいのに、「おーーーーーーはよう」などのように語句の一部を引き伸ばすといった特徴があります。

 

 

【難発型】
最初の言葉がつまって出ないタイプで、出だしの言葉が出てこずに詰まってしまうといった特徴があります。

 

 

 

 

上記にあげた吃音の3つの種類の中で、最も難発型が辛い症状だと言われています。

 

 

 

 

学生の頃は、軽度の連発型や伸発型だったが、いつの間にか難発型になっていたというケースは珍しくありません。

 

 

 

 

 

学校や職場などで吃音を何度も経験し、馬鹿にされたり、喋り方を指摘されると次第に吃音の症状を意識するようになってしまうため、自覚すると治りにくくなると言われています。

 

 

 

 

吃音の症状には軽度なものもあれば、重度な症状で生活に支障をきたしてしまうこともありますので、気になる症状がある場合は、早めに専門機関を受診されることをお勧めします。

 

 

 

 

治療期間はかかりますが訓練を繰り返すことで症状は改善されていきますので焦らずに治していきましょう。

 

 

 

吃音の治療と原因※確実な克服方法のTOPページへ戻る