吃音 うつる

吃音はうつる事がある病気!?

自分自身に吃音の症状があると、子供が話し出すようになったら吃音の症状がうつってしまうのではないか?と不安に思われる方も少なくないようです。

 

 

 

または、会社や身近な友人の中に吃音症の方がおられ、
その人の影響を受けて、自分自身にも吃音の症状がみられるようになった場合、吃音症ってうつるものなのか?と疑問に思われるかもしれません。

 

 

 

結論から言いますと、吃音の症状がうつることはあります。

 

 

 

例えば、両親のどちらかに吃音の症状がみられる場合、子供が親の真似をすることで吃音がうつってしまうということはよくあるケースです。

 

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ話すことはできませんが、成長とともに言語を覚えだし個人差はあるものの1歳台〜2歳台は爆発的に単語や言葉を発する時期でもあります。

 

 

 

その時期は、子供は親やおじいちゃんやおばあちゃんなどの身近な人の言葉を真似して覚えていくため、親にどもりの症状がみられる場合にはそのどもりを正しい単語や言葉として覚えるため、子供に吃音の症状がうつることはあります。

 

 

 

実際に親からどもりの症状がうつるケースは多いと言われていますが、
幼稚園や小学校などの友達にどもりの症状がみられる場合に、どもりの症状がうつるといったケースもあります。

 

 

 

 

 

ただし、親や友人などの影響で吃音の症状がうつった場合には、
吃音の症状が比較的治りやすいようで、実際に友人の影響を受け吃音の症状になった方の体験談によりますと、気がついたら自然に治っていたようですが、その影響を受けた友人はまだ吃音の症状がみられるようです。

 

 

 

吃音の治療と原因※確実な克服方法のTOPページへ戻る