吃音 幼児

吃音と幼児期の関係について

幼児期の子供は、言葉につまってしまったり、言いたい伝えたい言葉が出てこなかったり、同じ単語を繰り返すなど吃音と似た症状がみられることもあります。

 

 

 

しかし、これらの症状は言語が発達していく幼児期で起こりやすく一過性の症状の場合もあり、年齢があがるにつれて症状が改善されていくこともあります。

 

 

 

実際に幼児期の頃は吃音の症状が目立っていたものの、いつの間にか症状が目立たなくなっていたということは良くあります。

 

 

 

 

ただし、吃音の初期症状は幼児期である2〜5歳頃に発症すると言われており、大人になっても吃音の症状に悩まれている場合、実は幼児期の頃に現れていた吃音は、吃音症に伴う初期症状だったということも考えられます。

 

 

 

吃音症の初期症状は幼児期に発症しやすいといった特徴があるため、子供が幼児期で吃音の症状が気になる場合、もしかしたらこの子は吃音症なのではないか?と心配になられると思います。

 

 

 

 

言葉が発達段階にある幼児期では、成長に伴い吃音の症状が無くなることも多いため、吃音症の初期症状か?発達段階の一過性のものか?判断は難しいですが、気になる症状がある場合は早めに専門の医療機関を受診されることをお勧めします。

 

 

 

 

また、子供の吃音の症状を改善するために以下のようなことに気をつけることが大切だと言われています。

 

 

 

 

@話かける時には、早口ではなくゆっくり、ゆったりと話すように心がける。

 

 

A子どもが話している最終は途中で話に入らずに最後まで話を聞いてから、その後一呼吸おいてから話すように心がける。

 

 

 

ちなみに、休日や放課後に塾に行ったり、ピアノや英語、スイミングなどの習い事に力を入れているご家庭も多いですが、子供の吃音の症状を改善するためには予定を入れすぎない方が良いという情報もあります。

 

 

吃音の治療と原因※確実な克服方法のTOPページへ戻る