吃音 有名人

吃音の有名人は誰?

吃音症の人や話し方に癖がある人は、人前で「上手く話せなかったらどうしよう?」「また吃音の症状が出たらどうしよう?」と不安や恐怖から緊張状態に陥り、症状が重い場合は人とコミュニュケーションを取ることを避けるようになってしまいます。

 

 

 

そして、なるべく話す機会の少ない仕事を選ばれる方も少なくありませんし、吃音によっては自ら「話す機会の多い仕事には就けない…。」と職業の選択肢の幅を狭くしてしまうこともあります。

 

 

 

しかし、多くの取材陣や記者の前で発言を求められる芸能人の中にも吃音の人はいますし、吃音であっても話すことがメインな仕事を選ばれている方もいます。

 

 

 

まず、アナウンサーとして現在も活躍されている小倉智昭さんです。

 

 

 

 

今では吃音症だったという面影が一切なく、朝の番組だけではなく様々なところで活躍されていますが、子供の頃は吃音の症状に悩まれており、時には周囲から馬鹿にされた経験もあったそうです。

 

 

 

 

その悔しい経験を、『克服して見返してやろう!』と努力を重ね、今では喋り方に癖がありませんし、聞き取りずらい発音もなく、むしろ非常に聞き取りやすい発音をされています。

 

 

 

 

ちなみに、小倉さんは仕事以外の時はたまに吃音の症状が出ることもあるようです。

 

 

 

 

そして、綾野剛さんです。

 

 

 

 

綾野剛さんは以前、舞台挨拶の時に体調不良で中座されたため、パニック障害では?といった噂も絶えませんが、吃音の噂もあります。

 

 

 

 

 

綾野さんは自分自身で吃音症だと発言されたわけではありませんが、ある特定の発音が聞きにくいこと、喋り方に特徴があることからネット上では吃音症ではないのか?といった声があがっています。

 

 

 

 

 

女性では釈由美子さんが軽度の吃音症だったそうですが現在は克服されていますし、
アッキーナでなじみのある南明奈さんも吃音の症状があったと言われていますが、大人になるにつれて治ったと言われています。

 

 

吃音の治療と原因※確実な克服方法のTOPページへ戻る